音楽ガジェット

【2021】後悔しないサウンドバーの選び方!高音質でおすすめのサウンドバーを紹介

後悔サウンドバー

4Kテレビも主流になり映像もキレイになったので音ももっと迫力をだして映画館のようにしたい。。。

映画館みたいに立体的な音響を出したい人におすすめなのがサウンドバーです。サウンドバーは安いもので2万~3万で手軽に立体音響を手にいれることができ、ホームシアターシステムと異なり気軽に設置をすることができるのがサウンドバーの最もメリットとなります。

サウンドバーなら、複数のスピーカーが不要で音質のコスパ的にも非常に優れているものが多いので、5万円程度ので比較すると基本的にサウンドバーの方が音質が良いです。

僕がアマゾンで購入して本当に良かったサウンドバーの情報は下記の記事でまとめているので、是非参考にしてください。

【最新版】アマゾンで本当に購入して良かった、最高の音楽ガジェット・映像・掃除ガジェット等、便利なアイテムを徹底紹介今年アマゾンで買って本当に良かった商品を紹介!コスパが良くて品質が高い商品から、あるだけで生活が激変するガジェットを厳選して紹介...

それでは

今回は、後悔をしないサウンドバーの選び方を紹介します!

サウンドバーの魅力について

サウンドバーの最大の魅力は

手軽に音質をグレードアップさせることができる

サウンドバーを購入すれば、設置して接続をするだけで終わりです。(ワイヤレスなら有線の接続の必要もなし)

本格的にシアターサウンドルームを作ろうとしたら、スピーカーは4つ以上ほしいところですし、アンプも必要です、、、
そしてそれらの接続を、、となってしまい、けっこう手間だったりするんですよね。

ホームシアターを作ってみたいという人でコストをかけたくない人は
是非サウンドバーの購入も検討してみてください。

1本で立体音響(バーチャルサラウンド)に対応

バーチャルサラウンドって知っていますか?
サウンドバーの魅力として、たったひとつの方向から立体音響をだすことができるのです。

バーチャルサラウンドはスピーカーが正面にしかないのに上や下、後ろから
いろんなところから音が聞こえるという、最先端技術となります。
家電量販店で視聴できるので気になる方は一回是非試しに聞いていただきたいです。

サウンドバーの選び方について

ワンボディ型と2ユニット型(サブウーファー付き)について

サウンドバーには大きく分けて二つあります。
一つ目はワンボディ型でもう一つは2ユニット型とこの二つが代表的です。

下図の図の通りで、サブウーファーがつくかつかないかというものです。
2ユニット型の方が重低音が得意です。
2ユニットを選ぶだけでも重厚さが変わってきますので重低音にこだわりたいという人は2ユニット型を推奨します。

2ユニット型でおすすめなのがソニーの2ユニット型のサウンドバーが僕個人はとても好きなサウンドバーとなります。(音質のバランスレベルが高すぎる)

ワンボディ型はコスパが良いものが多いため、ある程度コスパを重視したい人はワンボディ型のサウンドバーを選ぶのがおすすめです。
ワンボディ型で代表的なものだとYAMAHAのYAS-109とかが有名です。

スピーカーのチャンネル数について

音の信号の数だけ違う音をだすことができる数となります。チャンネル数が多いほど臨場感のある音がでてきます。
.1とつく.1の数はサブウーファーの数となるので、豆知識として知っておくと商品選びの時に便利です。

音声フォーマーットについて

次に音声フォーマットについて解説をしていきます。サウンドバー選びをしている際に下記のような文字を見たりしませんか?

DOlby Atomos
DTS:X

DTS Virtual:X

これらは究極の音をだすために必要となる情報です。これは音声フォーマットのことをいい、これらの機能があるかないかで臨場感がまったく異なります。

それでは各音声フォーマットについて解説をしていきます。

DOlby Atomos(ドルビーアトモス)について

読み方はドルビーアトモス読みます。
ドルビーアトモスはあなたの頭の上の方向から音が聞こえてくるようになるという臨場感をだすためのオーディオ体験するための最新立体音響の技術となります。

この機能は是非入れておきたい機能です

DTS:Xについて

DTS:Xはドルビーアトモスと同じで音声オブジェクトをベースにしたフォーマットのことをいいます。DTS:Xはリアリティを追求するという理念があり、ドルビーアトモスと異なる点としてスピーカーの配置の自由度が高いところにあります。

三次元のサラウンドを実現してくれることに変わりはないので、実際に聴き比べて比較をするのがおススメです。

DTS Virtual:Xについて

DTS社が開発をした、最新のバーチャル3Dサラウンドとなります!これは上から聞こえるのはもちろんのこと後ろ側からも聞こえるという素晴らしい音声フォーマットです。

音声フォーマットで迷ったら、この3つのうちどれかを選べば間違いないと認識しておけば問題ありません。

接続方法についての注意点

次にサウンドバーの接続する中での注意点について解説をしていきます。

4Kパススルー機能

4Kパススルー機能は4KTVに対応しているかどうか!
というものです。仮に4Kパススルーがついていない場合
4Kテレビのものとサウンドバーを接続すると、HDMIケーブルでつなぐと音質が劣化してしまいます。
良い音と映像を一緒に体験するためにもこの4Kパススルー機能がついているものを選びましょう。

ARC対応

ARCとはAudio Return Channelの略称となり、この機能が対応していないと、テレビのリモコンとサウンドバーのリモコンを別々に操作をしなくてはいけないという手間が発生します。
最新の商品ならだいたい対応をしてますが、一応チェックしておきましょう。

コスパの良い、おすすめサウンドバーやメーカーを紹介

ソニーやヤマハが代表として扱われていますので、その辺りは下記の記事で詳しく解説をしています。

【徹底比較】ヤマハのサウンドバーとソニーのサウンドバーはどっちがおすすめ?メリットとデメリットを詳しく解説!ソニーのサウンドバーとヤマハのサウンドバーはどっちがいいのか?と悩んでいる人は多いと思います。今回はヤマハとソニーのサウンドバーを徹底比較紹介!...

【コスパ重視】3万円以下のおすすめサウンドバー

YAMAHA YAS-109

ワンボディ型 2.1ch
4Kパススルー機能 Alexa搭載

コスパの面で2万円前後で購入することができ、音質も大幅に向上するサウンドバーのアイテムです。コンパクトかつ、最初にサウンドバーを使ってみたいという人におすすめです。評判の高い商品となるのでまず買って間違いはごないです。

3万円~5万円おすすめサウンドバー

SONY HT-X8500

ワンボディ型 2.1ch
DOlby Atomos,DTS:X対応

さらにもっと良い音質にしたい。それでもそこまで金額もかけれられない、そんな人にピッタリなのがソニーのサウンドバーの中でもトップクラス人気の高いこのサウンドバーです。サブウーファーがないシンプルなタイプとなりDolby Atmosがついていることから三次元立体音響を楽しむことができます。
この価格帯でこの音質レベルはトップレベルとなります。
ソニーの中でも最も売れているサウンドバーです。

BOSE Solp5

ワンボディ型 2.0ch

低音好きにはたまらないサウンドバーです、接続は同軸ケーブルで手軽にできるのが嬉しいポイント。
音源のアップデートで簡単に設置をすることができます。

5~10万円おすすめサウンドバー

SC-HTB900

4Kパススルー機能
DTS:X/Virtual:Xに対応

パナソニックの最高傑作といわれているサウンドバーです。人の声が聞きやすいということに特化をしている非常にクリアなサウンドで表現がされています。

フルデジタルアンプであるJENO Engineを搭載していて、緻密な音の再現が得意なこの商品です。DTS:X/Virtual:Xに対応しているため立体音響となります。

BOSE サウンドバー 500 700

BOSEサウンドの臨場感がもの凄いです。。同時接続も可能

それ以上かける人はホームシアターシステムを検討をしても良いかもしれません。

サウンドバーまとめ

いかがでしたでしょうか?
サウンドバーをまだ体験していない人はまずは2~3万円のサウンドバーを購入するのがおすすめですね。
ある程度こだわる人はもう一つ上のランク
こだわりにこだわりぬいていきたいという人はサウンドバーからホームシアターシステムの世界へ突入してしまいましょう!

私が購入して本当に良かったアイテム情報の記事からアマゾンで購入する前に知っておきたいお得な情報まで多くの情報をこのブログでは発信しているので是非みていってください。

【最新版】アマゾンでお得に商品を購入する方法!裏技で安く買う!少しでもお得に購入するならこのやり方 アマゾンで皆さんはよく購入をされていますか?アマゾンで購入はよくするけどせっかくなら少しでも安くお得に購入をしたいですよね!アマゾンは...

その他にもこのサイトでは高音質のヘッドホン情報や邦楽ロックのマイナーバンド等、音楽関連の情報を中心にまとめているのでいろいろ参考にしていってください。