お役立ち

カラオケで90点は上手い?基準の点数はどれくらいなのか解説

皆さんはカラオケで採点機能を使っていますか?カラオケの採点機能をつかうと自分の場合はだいたい80点のラインくらいなのですが、それって実際はうまいのかよくわからないですよね。
めちゃくちゃ歌が上手い人でも点数は低い人もいますし、その逆もしかりです。

今回はカラオケで歌が上手い人の点数について紹介をしていきます。

カラオケで90点は上手いのか?

早速タイトルの結論となってしまいますが。
結論上手いです。確かに歌が上手い人でも点数は低い場合もありますが。近年のカラオケの採点機能は非常に精度が高く歌のうまさをちゃんと採点をしています。
そのため90点代を獲得するほどの人の歌はかなりのレベルです。ほとんど音程はずしていない証拠です

歌が上手くも点数が低い理由

ではなぜ歌が上手い人でも点数が低かったりするのでしょうか?
それはその人が独特なアレンジをしていたり、タメをつくって歌ったりしていませんか?原曲とちょっと違うような歌い方ですね。
その歌い方は機械的な採点ではマイナスとなっていまいます。そのため点数が低くなりがちな傾向になっていることが想定されます。

ただこの人達は歌のテクニックを用いてあえてやっている人がほとんどです。癖のない歌い方を一度してもらえばすぐに高得点の点数をたたきだすはずです。

カラオケでうまい点数のラインは?

これはカラオケの採点機器によっては若干異なりはしますが、最近のカラオケ採点システムを見ると全国平均という項目があるのがありますよね。
これを一つのボーダーラインとするのも良いと思います。
カラオケなのでただ楽しむというものですから。。
カラオケの得点を競い合っているなら別とはなりますが。。

採点で90点以上とるために

一つのボーダーラインとしては
歌の9割以上の音程を外さなかったら上手い人ではあります。
歌の9割音程はずしていないなら機械的にも減点付けにくいため

カラオケで100点をとるめには

90点とるためには100点を目指すのが一番の近道です。
音程は一つも外さないつもりでうたい
表現力をつけ安定性やビブラートリズムこれらの部分でマイナスにならないように歌いきる。

そうすることで90点以上を狙えるはずです。
100点をとるためには相当な難易度が高いですが不可能ではないので友達とチャレンジするのも楽しめますね。

それでは各項目ごとに注意して歌うべきところをみていきましょう

音程

音程はそのままの意味ですね。得点の採点で最も評価がされるのでここはとにかく意識して歌いきってください。
歌う原曲をちゃんと予習しておきましょう。

安定感

得点項目にある安定感とはなんのことなのでしょうか?
これは音程が安定しているか、ということが採点されています。音程もずっと一定にだすのはなにげにむずかしかったりするので。難易度は高めです。
安定感のある音程を維持して歌いきりましょう。

表現力

一番何で採点がされているかわからない項目ですね。
表現力は

「抑揚」声量を変化させるテクニックのこと

「しゃくり」本来の音より少し低い音から本来の音に合わせること

「こぶし」瞬間的に音程を上下させること

「フォール」本来の音より下の音程にすること

この4つで判断がされます。音程を一緒にしなきゃいけないという条件とは相反するのでつかいどきが非常に難しいです。

リズム

リズムはそのままの意味ですね。アップテンポな曲だとけっこう難しいので注意しましょう。

ビブラート

これも表現力の一つだとは思いますが。ビブラートの良さが判断材料にもなります。
ビブラートは普通にやってできるものではないので少し練習が必要です。

ロングトーン

ロングトーンは1つの音を伸ばし続けることをいいます。
この伸ばしで声が震えてはいけないので、安定感と似たようなことですが。これもテクニックが必要となりますね。

まとめ

いかがでしたか?

カラオケで高得点をとれる人は歌が上手いということが納得できましたでしょうか?
ただカラオケで高得点がとれなくても歌が上手い人もいるのでその点は難しいですね。

カラオケは楽しむものなので、力をいれすぎず楽しんでくださいね。
カラオケで高得点を出したい人。歌が上手くなりたい人向けに記事もかいているので是非参考にしていってください。