音楽ガジェット

ヘッドホンにメガネは痛い!対処方法と痛くないヘッドフォンの選び方について解説

メガネをしながら、ヘッドホンをすると痛いという悩みがある方は多いのではないでしょうか?
私の場合もパソコンをしながらヘッドフォンをするというシーンが多いことから、長時間メガネをしながらヘッドフォンをしていると痛みを感じてきます。

今回はメガネをしながらでも痛くないヘッドホンについて紹介をします。

ヘッドホンにメガネをすると痛い原因

ヘッドホンをすると痛いという理由は複数あり、痛くなるのはメガネのフレームが圧迫されその部分から痛くなっています。

ヘッドホンの問題

あなたの使っているヘッドホンのサイズは合っていますか?
ヘッドホンには密閉型と開放型と大きく分けて2つあります。
特に密閉型の場合、圧迫感の強いものが多く、サイズが合っていないと耳が痛くなりやすくなります。
ヘッドホンはあなたの頭のサイズにあうものを選ぶのも重要です。

痛みがきになるなら開放型がおすすめです。

メガネの問題

メガネのフレームの押し付けによって痛くなってしまうという点が痛みの原因としてあります。
メガネをつけながらヘッドフォンをつけるとその押し付けによる痛みがでてしまいます。
耳やこめかみの部分が圧迫されるので、根本を解決させるならメガネをはずしてコンタクトに切り替えてヘッドフォンをするという手段もあります。
ただそれだとあまり今回の記事であるメガネをつけながらヘッドフォンをつけるという名目とかわってしまうため、どうしてもメガネをつけながらヘッドフォンをするという方向けに対策をしていきましょう。

対策方法

メガネをかけて、耳が痛い、頭が痛いという状態で
それでも我慢すればそのうちなれてくると思っている方は注意が必要です。
結論としてはい痛いものは我慢すればどうにかなるというわけではありません。
痛くないようにするための対処をしましょう。

ヘッドフォンを変える

一番に考えるべき対処方法はヘッドフォンを変えるという手段があります。
これが最も効果としては高いでしょう。
ヘッドフォンにも種類は多くあり締め付けの高いヘッドフォン、しめつけがすくないヘッドフォンがあります。
種類として前述したとおり、密閉型と開放型(オープンエアー型)があります。
密閉型は音漏れが少なく通勤に非常にむいているのですが、その分耳への締付けが激しいので、密閉型をつかっているなら
開放型をえらぶといいでしょう。
開放型は音漏れがしてしまいますが圧迫感はなくしめつけられているという間隔が非常に少ないです。
通勤中に使いたい、密閉型がいいというなら
イヤーパッドが小さいイヤホン、柔らかいヘッドフォンを選ぶといいでしょう。
ヘッドフォンにこだわりがないならイヤホンでもいいとは思いますが根本がずれるので、それは除外します。
最近では骨伝導ヘッドホンとかもあるので、骨伝導をせんたくするというのもありですね

メガネを変える

メガネを変えることによってヘッドフォンの締め付けを緩和させることも可能です。
メガネによっては締め付けられてしまう耳付近までに短いフレームの眼鏡があったりするので、それを選ぶといいでしゅお。
このメガネのいいところは重さもあまりないので耳への負担もあまりないというのが良い点です。

メガネをどうにかするというのもいい手段です。
話しは全く変わりますが、メガネをたまにかけたときの女の子ってなんかいいですよね。

位置を調整する

メガネを変えるのも嫌だと言う場合はかける位置を変更するというのもいいでしょう。
痛くなる部分はメガネのフレーム部分になるのでその部分にあたらないようにすればいいだけです。
圧迫されないようにしれしまえばそれだけで解決するということです。
ただ体外的、第三者がみたときにはかなり滑稽にみられてしまうので自分の家でやる時用といった対策手段ですね。

ヘッドフォンを選ぶポイント

  • 開放型を選ぶ
  • オンイヤー型かネックバック型を選ぶ

ヘッドフォン選びならこの2つのポイントを抑えて選ぶことがおすすめです。
特に開放型はかなりおすすめなので、痛みを解決させたいなら開放型のヘッドフォンを選ぶといいでしょう。

ABOUT ME
かずさ
かずさ
ライブとフェス好きのガジェットライター。おすすめのイヤホン、サウンドバーなどガジェットの素晴らしさを多くの人に伝えていきます。 その他気になる曲の歌詞や音質、音域のことを調べたりしてます。 好きなアーティストはYUKI,椎名林檎、宇多田ヒカル、志村正彦、andymoriなどなど、、可愛い声のアーティストが大好物でやくしまるえつこさんの声が好きすぎています。最近はBishにハマってる。