DTM

【2020年最新】DTMのブラックフライデーがいつか知ってる?おすすめの販売サイトを一覧で紹介!

こんにちはささクマです。

皆さんはブラックフライデーのことをご存知でしょうか?年末商戦の前にもう一つある大きいセールで元は海外(アメリカ)の連休からよばれるようになりました。

今回はDTMの商品も安く買える日の一つであるDTMについてお話しをしていきます

ブラックフライデーについて

ブラックフライデーとは、11月の第4木曜日の翌日(金曜日)のことをいいます。

ブラックフライデーの始まりとしては、11月の第4木曜日をアメリカ合衆国、カナダでは感謝祭(Thanks Giving Day)という祝日としています。感謝祭と土日に挟まれた金曜日に休みをとって4連休にする人が多くなった結果、ブラックフライデーと呼ばれるようになりました。そこから日本もブラックフライデーという名のセールをやるようになりましたねここ数年の出来事です。

そのため、2020年のブラックフライデーは『11月27日』です。

そのため様々な小売店などで大規模な安売りがあり(特に楽天系など)どのお店でも何かしらのSALEをしています。

ただ年末が近いのでそれより安くなる可能性もあるし、安くならない可能性もあるというので見極めが重要です。

年末とは異なる商品が安売りされる可能性がたかいためです。

DTMのブラックフライデーについて

前述した通り多くのところで安売りがされますが。DTM関連製品も特売が実施されることはご存知でしょうか。
DTM界隈はアメリカなど英語圏のメーカーや顧客が多数を占めるためか、他の分野に比べてブラックフライデーが浸透しているので、DTM関連の商品が特売で売り出される可能性が大いにあるのです。

DTM関連製品で特にチェックすべきものは、作曲ソフトDAWの拡張機能プラグインです。

プラグインはブラックフライデーの本場である海外の販売サイトや公式サイトからでもメールのみ(シリアルコード納品)で購入可能なため、比較的セールの対象となりやすいのです。

では、この特大セールに乗り遅れないためには何が必要なのか解説していきます。

ブラックフライデーが始まる前に準備することは?

事前に準備することとしては、ある程度サイトの情報をチェックしておくために公式サイトや海外のサイトの購入方法を把握しておくといいでしょう。

決済の仕方としてクレカやPayPalがほとんどなので、海外サイトにちょっと抵抗があるという人はPayPalを登録しておくのがおすすめです。

PayPalなら通過の返還が可能となるので、ドル販売も円で購入可能です。

PayPalを使うためには、事前にPayPalアカウントを作成する必要があります。当日に慌てることがないように、今のうちに作成しておきましょう。

DTMプラグイン、オススメの販売サイト一覧

今回はそんなブラックフライデーで特売販売となる可能性が高い販売サイトの一覧をこのサイトで紹介をさせていただきます。

DTM関連製品は、海外でセールしているものも日本ではセールしていない場合がありますのでその点は注意しましょう。

ただし目当てのプラグインがあるなら金額を気にせず購入をしたほうが良いとはおもいます。

Plugin Boutique

この販売サイトは海外サイトの中でも人気が高くプラグインを購入したい人はまず最初にチェックをするべき販売サイトになると思います。

過去をみると多くの有料プラグインを無償で提要をしている実績もあるので一番チェックをしておくべきサイトで商品の種類も大量にあります。

詳細の買い方については別記事で紹介をいたします。

PluginFox

この販売サイトも同様に海外サイトになりますが、セール終了までのタイムリミットが表示されるので、いつまでに買えばいいかが大変わかりやすい形となります。

ラインナップはPlugin Boutiqueより若干少ないですが逆にPlugin Boutiqueより多い商品となります。

買い方については別の記事で紹介をします。

beatcloud(日本)

日本で販売がされているサイトとなるので、海外のセールと比べてみて購入を検討しましょう

Rock oN Line eStore(日本)

ここは実店舗もあり、Rock oN Companyという有名会社が販売しているサイトとなります。商品の種類も多くあるのでたくさんチェックしましょう。

Media Integration オンラインストア(日本)

運営先は同じRock oN Companyとなり会社取り扱う商品は似ています。ハード機材もありますね。

Audio Plugin Deals

Audio Plugin Dealsは販売しているプラグインは少ないですが、割引率が高い販売サイトです。

VSTBuzz

割引率がとても高いのでおすすめですが、プラグインの数としては少ない傾向にあります。

ProducerSpot

サンプルパック専用の販売サイトをやっていましたが、現在は自社のプラグインの開発を行いプラグインの販売を行っています。

その他のチェックするべき販売サイト

その他チェックすべき販売サイトまた、大手の販売サイトではアマゾン、楽天などがブラックフライデー、翌月曜日のサイバーマンデーのセールを行います。 DTM関連製品であるとは限りませんが、機材が安く買える可能性もありますので、こちらも事前にチェックしておきましょう。

DTMの情報はこのサイトからチェック

気になっているプラグインが決まっている人は、公式サイトをチャックしてセール情報を確認するのがおすすめです。その理由としてほとんどのプラグインは公式サイトからの購入することができるからです。

IK Multimedia

ドラム音源ベース音源などフィジカルモデリング音源となる有名なメーカーとなります。

Waves

昔から人気なプラグインエフェクトで大手の有名なメーカーです。
基本セールを行っているため、大きいセールのときなら無償配布があるかもしれませんね

Native Instruments

パッケージ音源を網羅している有名なメーカーとなる、Native Instruments、価格は比較的高めの設定となっていますがブラックフライデーのときは買い時です。去年は無償配布をしていたこともあります。

Arturia

ハードシンセサイザーからソフト音源プラグインエフェクトまで幅広く制作をしている会社となります。

2019年のブラックフライデーで無償配布も行っております。

無料配布をしているプラグイン

前述した通りの販売サイトでプラグインの無料配布は多くあり、ブラックフライデーは安いだけでなく無料で手に入れることもできるため、特にほしいものがない場合でもいろいろ試すことができるのでこの機会にチェックをしてみてください、

まとめ

いかがでしたでしょうか?DTMは海外のほうが種類が豊富でブラックフライデーは海外からでているセールのため、相性としては×グインに良いです。

そのため事前に狙っているプラグインをチェックしておくといいと覆いますね。