お役立ち

ファルセットの出し方のコツは?簡単に裏声を出す練習方法を徹底紹介!

皆さんはファルセットをご存知ですか?歌がうまくなるため、プロになるためにはだれしもが習得をしようとするテクにニック。
それがファルセットです。
今回は歌唱力の高い人のファルセットに近づくために、練習方法から、周りの同僚や友人、気になるあの子を魅了するための方法を大公開します!

ファルセットと聞くと難しいと感じる方もいるとは思いますが決して難しいというわけではないので、是非これを見て上達の約にたっていただければと思います。

ファルセットとは、裏声と何が違うの?

ファルセットといえば裏声と思う人が多いと思いますが。これは正確にいうと若干違います。

ファルセットは裏声の中の一つである。やわらかい裏声のことをさしているのです。小梅○○みたいなことをファルセットとはいいません

裏声の種類は?

ファルセット以外にも
ヘッドボイス
ミドルボイス

と大きくわけて3種類の裏声があります。
この3種類の中の一つがファルセットということを覚えておきましょう。

ファルセット

繊細的な裏声、息を洩れさてやわらかい声でだすことをファルセットといます。

ファルセットは裏声の中で習得がしやすいです。

ヘッドボイス

ファルセットとは異なり。息もれではなく頭に響く裏声のことをいいます。イメージとしてはオペラ歌手やロックのボーカルの人が良く多様しています。

ヘッドボイスはしっかりと練習を行わないと、使いこなることができません。

ミドルボイス

ミドルボイスは地越えと裏声を混ぜた声のことをいいます。難易度はけっこう高い印象ですが、力強い裏声となるので。多くの歌手が活用をしています。

上記の点からまずは裏声の基礎となるファルセットを自由自在に使えるようになる必要があるのです!

地声のこはチェストボイスといい生体の前側の方を使い響かせる発生方法のことをいいます。

これらの声の練習をしていき裏声を使いこなしていくことで、低音域から高音の声までだせるようになってしまうのです。

これらを使いこなせば、どんな歌も綺麗にうたっていくことができるでしょう。

ファルセットはどうやって出すの?練習方法は?

女性より男性の方がファルセットをだすことは難しいです、そのことから男性の人は安定してファルセットを出すことに苦労をするはずです。
ですが、そこまで難しい、選ばれた人間しかできないというものではないので、何度も練習をして自然にだせるようにしましょう。

ファルセットをマスターすれば音程のコントロール力があがり、今までの倍以上声をだすことが楽になるはずです。

子のファルセットを身に着ければ、ミックスボイスの声もだせるようになってくるので地道にがんばっていきましょう

練習方法について

まずはじめにやることとしては「ラララ」「ルールー」などいろんな言葉でファルセットをやってみましょう。
または女性の高い声をマネしてしゃべるというのもおすすめです。
それができない人はハミングから始まます。

コツとしては、口角をあげ、顔の上側をニット笑った感じにします。真顔よりかは声が出やすいはずです。

こととき頭のてっぺんから眉間、頬骨、鼻腔様々なところを響かせてやる!というイメージをもってだします。
これをやっていくことで完成度の高い声をだせるようになってきます。

最初は、「ホーホー」「ラリホー」「ルルル」「ラララ」と、いろんな言葉をファルセットで出してみてください。

または女性や子供の高い声をマネして喋ってみてもいいでしょう。それが少し恥ずかしければ、ハミング(鼻声)でやっても大丈夫です。

コツは口角を上げ、顔の上半分をニッと笑った感じにしてみてください。真顔でやるときよりずっと出しやすいはずです。

このとき頭のてっぺんや、眉間やほお骨、鼻腔の奥など、いろんなところに声を響かせるイメージでやってください。

やっていくなかで出しやすいところ、完成度の高いところを覚えて重点的に練習しましょう。

注意点として、喉を縛らず脱力状態で歌うことを意識してください。力みすぎないようにするイメージですね。
喉を絞ると地声が混ざり、ファルセットではなくなってきてしまいます。

ファルセットはやわらかい裏声です。息もれするような裏声ということを認識しましょう。

これをやっていると鼻筋から脳にぬけるイメージをもち続けることで、息も大きくでていってくるはずです。

練習方法の応用について

上記の基本的なやり方を学んだら、次は呼吸のコントロールをやっていきます。

ファルセットは息がもれていく歌い方なので呼吸を安定させなければ安定して声をだすことは難しいのです。

息がですぎてしまうとl呼吸が弱くなり高音もでなくなるため、呼吸を安定させるために複式呼吸を意識するようにしてください

複式呼吸の確認補法としては、お腹に手を当てます。

息を吐きながらお腹が膨らんだら息を吐いてください。これが複式呼吸です。

息を吐くとにきファルセットをだしますが、このときお腹から声をだすことを意識します。なれないときは難しいかもしれませんが、複式呼吸は歌の基礎となるので、

自然とできるレベルになっておきましょうね。

これができればメタルで使われるデスボイスの声も出せるようになっちゃいます(笑)

【男/女】練習でオススメの曲を紹介

次にファルセットの出し方を実践で練習をしていきましょう。

まずはファルセットと地声を何度も繰り返し発生しまよう。発生の練習する言葉はどの言葉でもOKです。このときアプリや楽器をつかって音程にあわせて発声するようにしましょう。

ドレミファソラシドーと低い音から高い音へ地声からファルセットに自然になるように発声をします。その後にドシラソファミレドーと高い音から低い音へファルセットから地声に流れるようにだせるように練習をします

どの箇所で切り替わるかは人によって異なるので、何度も練習をして自然に歌えるようになると、歌を歌うときキレイな出し分けをすることができます。
次にファルセットが多く使われている曲を紹介します

男性のファルセットの練習曲について

男性の曲の紹介です。女性でも歌える曲なので、女性用の練習曲ができないという人は男性用の曲で練習してもOKです

女性用の練習曲は男性には難しい可能性が高いので
男性はまず男性アーティストの曲から練習をしていきましょう

スキマスイッチ『奏』

スキマスイッチの名曲のです
サビでファルセットを行う必要があり、カラオケでも使いやすいので練習にはもってこいですね。

森山直太朗『さくら~独唱~』

さくらーで有名なあの曲です。

ファルセット以外にもビブラートが使われているので、ファルセットのための練習曲といっていいでしょう

EXILE『We Will~あの場所で~』

サビがファルセットです。
呼吸のコントロールが難しく重要なので複式呼吸をしっかり意識してうたいましょう。複式呼吸の練習にも〇です!

女性のファルセットの練習曲

女性に向いている練習曲となります。

平原綾香『Jupiter』

一時期メガヒットした有名なジュピター
複式呼吸が重要なポイントとなり、声が強くても弱くてもいけないという難易度が高い曲です。喉を開いて歌えるようにひとつひとつ丁寧に歌ってください。

一青窈『もらい泣き』

この曲もジュピターがヒットした時期にヒットしたような曲ですよね、
ファルセットとビブラートを意識する必要があるのでこちらもかなり難易度が高めの曲となるのでリラックスした状態を意識して歌ってください。

絢香『三日月』

これも懐かしい曲ですね。
呼吸のコントロールが難しいので複式呼吸を意識することで力強いファルセットをつかうことができます。

ファルセットが上手く出せない、ファルセットのコツは?

ファルセットは呼吸、声のコントロールが難しい歌集方法ではあります。特に男性は苦手な人が多く、間違った発声でファルセットをするとすぐにかすれた声に、、
ファルセットを出すコツを紹介します

リラックス状態を作る

ファルセットの部分になると、のどや体に力がはいってしまいませんか?なれないと緊張感がでて高音を出そうとしてしまうときにこの現象がおきてしまいます。

力が入ると声が裏返ってしまうので、なるべく力をぬいて

息を吸いながら両肩で限界まであげて、息を吐きながら両肩をストンをおとします。

高音をだすためには喉を開く

高音をだすときに喉を締めてしまっていませんか?喉を開いた感覚をみにつけることでファルセットをだすことを意識することができます。

最初のうちはあっかんべーの状態で発声練習を行うのがおすすめです。舌をだした状態は喉が開いている状態なので、その感覚をまずは身に着けます。

腹式呼吸を意識する

ファルセットの発声は吐く息の量が多いです。上手くできないという人は呼吸がコントロールできていない可能性が高く複式呼吸がみについていないはずです。

複式呼吸を無意識で行えるようにトレーニングをしましょう

声量を落とす

高い声をだすと声が補足なりませんか?始めのうちは小さい清涼で問題なので正確なファルセットの発声方法を身に着けましょう!

イメージ力

イメージというのは大切です。

鼻筋から頭を通り頭の上に抜けていくのを想像して歌いましょうこのと、このとき手のひらを地面と水平にした状態からファルセットを行うと同時に上にあげてみてください。

これはプロからアマまで様々な人がやっている方法なのでファルセットをキレイにだすことができます。

ファルセットで魅了をするためには

ファルセットを自在に扱えるようになることで、カラオケでも、どんな歌でもあなたは音域が広がっていることから、うたえない曲はあまりなくなっているはずです。そしてその声はキレイになっているのです。

難しそうに思っている人もいると思いますが、高度なテクニックはなく、発声方法をマスターすれば簡単に扱うことができるというファルセット

一度コツさえつかめば、あとは練習あるのみです。

ファルセットで是非身に着けてくださいね。

本格的に歌を習いたい方に

ファルセットがそれでもなかなかうまくできない。自分人のトレーニングに限界を感じ始めたら、プロの講師に教えてもらうのがおすすめです!

基本的に無料体験を行うことができるので、自分にあったボイストレーナーをみつけましょう!

シアーミュージック

シアーミュージックでは、独学ではなかなか学べない発声方法はもちろん、記事では紹介するのが難しい声のコントロールの方法やトレーニングなどさまざまな上達法を教えてくれます。

今なら無料体験レッスン受付中なので、気になった方はぜひ詳細を確認してみてください。シアーミュージックの詳細を見てみる

▶EYS音楽教室

「楽器がもらえる音楽教室」として話題と鳴ったEYS音楽教室です。ボーカルや楽器以外にも、DTMレッスンや作曲、アレンジコースなど多彩なコースが揃っています。