家電

フナイのテレビが壊れる!口コミと評判はどこの国のTVか有機ELの性能を解説

フナイのテレビは安くて有名ですが、壊れやすいとおいう声もよく聞きますよね。ただコスパだけで選びたいという人ならハイセンスのテレビを選ぶという人が多いような気がしますが
それでも安いテレビメーカーの比較対象として選ぶはずです。

そして安いテレビは壊れるという通説です。
今回はフナイのテレビが壊れやすいかどうかについて紹介をさせていただきます。

フナイのテレビが壊れる可能性

フナイのテレビの壊れやすさについて調査をしていきます

買ってすぐに壊れた

まず買って4ヶ月ですぐに壊れてしまったという事例があります

これはどちらかという初期不良の問題が非常に高くなりそうな気がしてしまいますね。

保証期間も7年あるのでその辺は比較的安心していいと思います。

3年で壊れた

フナイのテレビが3年で壊れたという強い怒りの口コミです

日本の有名メーカーのテレビに買い替えて満足したという方もいるようです

3年で壊れるのはちょっとつらいですよね。
ただ値段も安いのでちょっとゆるしてしまいそうです。

2年で壊れた

2年で壊れたというパターンです。
比較的テレビによって壊れやすい聞きがあるのかもしれないと思ってしまいますね。
保証はしっかり確認して購入をするといいでしょう。

口コミと評判

フナイのテレビは日本の有名メーカーと比較すると非常に安いです。

画質が良い

そして安いわりに画質も音も非常に良いという口コミがあります。

コスパが良い・安い

50型のテレビサイズが4万円代で購入することができます。

50型の4Kで4万円で購入できるなら非常にリーズナブルに感じます

どこの国が製造しているのか

フナイのテレビはヤマダ電機が販売をしているテレビとなり、どこの国でつくっているのかというと、中国やタイで生産をしています。
大量製造といえばやはりこの国って感じしますよね。
ヤマダ電機が独占で販売をしているので、ちょっと気になるという人はヤマダ電機にいってみましょう。

フナイテレビは1961年創業の老舗日本AV機器メーカーの船井電機から販売となっていて売上のほとんどは8割となっています。

性能について

フナイのテレビの性能について紹介をしていきます!

有機ELの性能

有機ELはFE-65U8040が該当のテレビになりますね。

このモデルは、フナイの最上位機種です。最大の特徴は、世界で初めて2TBのHDDを搭載したAndroid TV有機ELテレビであること。

また、地上デジタル放送を6チャンネル録画できるHDDを搭載しています。これは、東芝の “タイムシフトマシン “と同様の機能を、リーズナブルな価格で実現したものです。

フロントスピーカーに加え、パネル上部にもハイトスピーカーを搭載しており、音の臨場感という点では2020年モデルと同様のハイスペックを実現しています。

ヤマダ電機に行った時、隣にパナソニックのTH-65JZ2000が展示されていたので、比較してみました。デモ映像はきれいでした。しかし、騙されてはいけない。

デモ映像はきれいに編集されていたので、汚いはずがないのです。だからこそ、地デジの映像と同じようにチェックするようにしました。

一番驚いたのは、あまり差がなかったことです。昨年の7040シリーズよりも明るさやコントラストが良く、映像全体が明るくなっています。

価格も昨年の7040シリーズに比べて10万円以上安くなっているので、よく売れると感じました。メーカーにこだわらず、価格を最優先して有機ELテレビを探している方には良い選択になるはずです。


ABOUT ME
かずさ
かずさ
ライブとフェス好きのガジェットライター。おすすめのイヤホン、サウンドバーなどガジェットの素晴らしさを多くの人に伝えていきます。 その他気になる曲の歌詞や音質、音域のことを調べたりしてます。 好きなアーティストはYUKI,椎名林檎、宇多田ヒカル、志村正彦、andymoriなどなど、、可愛い声のアーティストが大好物でやくしまるえつこさんの声が好きすぎています。最近はBishにハマってる。