音楽ガジェット

ビブラートのやり方は喉と横隔膜を揺らして出す?出し方のコツと練習方法を紹介

ビブラートの出し方

カラオケで歌っているときにビブラートという項目があったりするのをみたことがある人は多いかと思います。
歌のテクニックの一つとして有名なのがビブラートがあり。このビブラートがうまくできると歌が上手い人と思われることも多いため歌が上手くなりたい人は覚えておきたい、出し方の一つです。

ビブラートについて

そもそもビブラートって何?と思う人もいるので、まずはビブラートについて簡単に解説をします。ビブラートは声をゆらすテクニックのことであり。声の揺れ幅が一定であり間隔も一定で途切れない音のことをビブラートといいます。多くのアーティストは音を伸ばす部分でこのビブラートを活用して歌っています。ビブラートが上手く歌えるとそれだけでプロっぽくなりますよね。

ビブラートの出し方の種類

ビブラートの出し方は実は一つだけではありません。
是非あなたにあったビブラートの出し方を確認してください。

横隔膜を使ったビブラート

1つめのビブラートの出し方として横隔膜を使った出し方があります。この出し方は横隔膜を上下に揺らしてビブラートを出すという方法です。最も自然なビブラートとなるため。よくわからないという人はこの横隔膜を使ったビブラートの出し方を覚えるのが理想です。
ビブラートの速度や揺れ幅も自分でコントロールしやすいことから非常に安定感もあります。

またビブラートはボリュームビブラートとピッチビブラートとおいうしゅるいもあり。ボリュームビブラートは呼気のコントロールが非常に重要なことから横隔膜をつかってやることがおすすめです。

ただし一番オーソドックスではありますが、もっとも難しいビブラートのやり方にもなるので少しずつ練習をしていきましょう。

難易度が高く文字だけだと限界があるため。プロに一度無料体験レッスン等を活用して聞くのが一番の近道だと思います。

横隔膜の使い方は?

横隔膜とは

横隔膜は肺の下側にある位置にあるもので呼吸するとき安定感をだすときにも意識をする箇所です。
横隔膜は消化器官と肺を仕切っている仕切りとなり。筋肉組織となり、ふくしき呼吸をすることで意識的に横隔膜を動かすことができます。

喉を使ったビブラート

最もやりやすいビブラートで、カラオケではよくこのビブラートを耳にしているはずです。声で音程を変えていけばあるていどビブラートはかかります、ずーーと、あーって発声していると少しずつ音が途切れたり音程がさがっていったりするとおもうのですが。それもビブラートです。

喉を使ったビブラートのことはちりめんビブラートともいうようです。

口を使ったビブラート

喉と横隔膜以外でもビブラートは使うことができます。それは口です。口を軽く開けたり閉めたりすることでビブラートをかけることができるという、喉の負担にならない方法です。

ビブラートのコツについて

ビブラートのコツはなるべくリラックスした状態で歌うことと。複式呼吸を活用することあります。
ビブラートがうまくできない人はまず複式呼吸ができていない場合が多いのでまずは複式呼吸をうまくつかえるようになることが近道となります。

ビブラートの練習方法について

それでは実際にビブラートの練習方法について解説をしていきます。
練習方法として
あの音をのばして発声をしていみてくだしい。そのときに強弱をけながらしばらく発声をしましょう。そしてい、う、の音でそれを繰り返していきます。
その次に。音程を変えながら、先ほどの二つの流れをくりかえしてください。イメージとしてあーーをあ↑ーあ↓ーあ↑ーあ↓ーといった形となります。伸ばすことできれいなビブラートが出しやすくなります。自然な流れでビブラートをだせるまで繰り返すのがおススメな練習方法となります。

横隔膜を使った練習方法

次は横隔膜を使った練習方法です。横隔膜を使うという意味がよくわからない人にもわかりやすく解説をします。
横隔膜のコントロールができるようになると、安定したビブラートができるようになり。練習方法として

犬がハッハッハッという声をだしたりするドギーブレスをやった練習方法があります。
そのためこの犬の声真似をするだけで横隔膜の練習方法となります。
それかあーと声にだし。自分の手でお腹をおしてみてください。それをすることで横隔膜を使っている感覚がつかめてくるようになるはずです。

上手なビブラートについて

上手なビブラートとはどういったものなのでしょうか?

ビブラートはうまいアーティストの歌声を聞くのが一番イメージをしやすいと思います。

ビブラートの出し方がうまい歌手

AI、久保田利伸、玉置浩二

この辺りのアーティストの曲を聴くとビブラートのイメージがしやすいはずです。

まとめ

いかがでしたか?歌のテクニックとしてよく活用することになるビブラートは歌が上手くなりたい人にとっては必須のスキルとなってきます。

是非参考にしてみてください