音楽ガジェット

【2020年最新】コスパの良いヘッドホンをランキング順に紹介!

ヘッドホンランキング

ヘッドホンが気になっているけど、どんなヘッドホンがいいかわからない、高いヘッドホンを購入する勇気がない、そんな人に向けてコスパ最強のヘッドホンをランキング順に紹介します。

価格別のヘッドホンの特徴は?

1万円前後のヘッドホンの特徴とは

1万円前後のヘッドホンでもかなりの高音質の音が聞けるので、音にこだわりがないという人

初心者の人はまずはこのラインから購入をして、自分がどんな音質が好きか吟味をしてもっと良い音質を味わいたい、という人はグレードアップさせるのが良いと思います。

1〜5万円のヘッドホンの特徴とは

1万円に比べると機能面で優れたものが多く、この価格帯のヘッドホンが多くあります。長く使っていきたいと考えている人はこの価格帯がおススメですね。

5万円以上のヘッドホンの特徴とは

音質のクオリティをこだわりぬきたい人が選ぶべきヘッドフォンですね。

5万円以上になると、音質は本当に違うのでた家電量販店でいろんなヘッドホンを吟味して自分好みのものを見つけて、値段を比較して購入するのがいいかなと思います。

ヘッドホンの選び方は?

ヘッドホンには大きく分け二つのタイプがあります。

この2つのタイプによって音の特性が変わります。

密閉型

密閉型は耳とスピーカーが密閉した形となっております。

優れている点として

遮断性に優れています!

ノイズキャンセリング機能が代表的です。

密閉型のデメリットとしては、音がこもりやすいため音の開放感があまりありません。耳も痛くはなりやすいですね。

自宅で使用するより音漏れをきにする外出用で使用するパターンが大きいです。

開放型

開放型はヘッドホンのスピーカーが開放している形となります。

密閉型とは異なり、音のこもりはなく自然な開放的な音を楽しむことができます。

デメリットとしては

外出で使うのは難しいです。

上記の2つが大きく分けられます。

ヘッドホンの接続について

有線タイプ

言葉の通りケーブルを差し込むタイプです。

最大のメリットは有線タイプなので若干のタイムラグや断線はないです。

高給なヘッドホンはほとんどこのタイプですね。

デメリットとしては携帯性がないということですね。

無線タイプ※Bluetooth

無線なので携帯性に優れいています。5万円以下のものは多かったりしますね。デメリットは音の遅延が発生したり途切れる可能性があります。

1万円以下のコスパの良いヘッドホンのランキングを紹介

5位:AKG_K240 Studio

AKGのセミオープン型のヘッドホンです。

コスパの面で優秀で1万円以下で購入をすることができます。

解放感のある音を堪能することができます。

スピーカーを聴いているような音を堪能できるので圧迫感はそこまで

4位:JBL_TUNE 500BT

値段も安いため消耗品として活用をしている人もいますが、

JBLらしい低音から中温まで豊かな音をだしてくれます。

中低域の量感もキレの良さを感じますが、高温の繊細な音はあまりひろってこれていないかなといった感想のヘッドホンですが

この値段なら充分なコストパフォーマンスを発揮してくれています。

3位:Creative Aurvana Live!

初心者から玄人まで使っている人が多い逸品になります。

昔は高額でしたが今は5000円以下で買えたりします。1万円以上の音質を楽しむことができる密閉型ヘッドホンとなります。

2位:JBL T450BT

2017年に発売された人気のヘッドホンです。

JBLの安心感ですが音の解像度としては劣りますが、ロック、ジャズ、クラシックと全体的になんでも聞きやすい形となっています、

繊細さの部分では荒はめだちます。細かい音量設定は苦手でうs。

1位:SONY ヘッドホン MDR-ZX110

2000円以下という衝撃価格かつ、軽くて使いやすいそしてSONY製品

バランスも良いので、ヘッドホンなんかよくわからないという人はお試しで買ってみていいかな、と思います。

比較的壊れやすかったりするので、その点注意です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は1万円以下で比較的音質がよくコスパの良い商品を紹介させていただきました。

もっと長くヘッドホンをつかっていきたい、音にこだわりたいという人はもう少しグレードの高いヘッドホンを購入するのがおススメです。