アーティスト

YUKIのおすすめアルバムは?ファンが選ぶ名曲ベストアルバムをランキングで紹介!

YUKI

皆さんは理想の女性はどんな人ですか?
僕はどんな人がタイプなの?って聞かれると必ずYUKIと答え、結婚したい人ランキングでも1位に出す程度にYUKIが好きです。
今回は重度のYUKIファンである僕がYUKI初心者のために名アルバムを紹介します。

YUKIのおすすめアルバム

初心者はまずこのアルバム

「joy」

【収録曲】
01.舞い上がれ
02.JOY
03.ハローグッバイ
04.Walking on the skyline
05.スウィートセブンティーン
06.サイダー
07.AIR WAVE
08.WAGON
09.ブレーキはノー
10.キスをしようよ
11.ティンカーベル
12.愛しあえば
13.Home Sweet Home

YUKIの代表アルバムはこのアルバムで間違いないです。
YUKIと聞いて最もイメージをする曲はJOYという人が多いと思いますが、アルバムの名前の通りJOYが収録されていて、名曲のWAGONがあります。聴きなじみのない曲が多いという人が多いかもしれませんがこのアルバムを聴いてみてください。YUKIがすきになります。

おすすめ曲

舞い上がれ、JOY、ハローグッバイ、WAGON、ブレーキはノー、キスをしようよ、ティンカーベル、Home Sweet Home

「Wave」

【収録曲】
01.長い夢
02.メランコリニスタ
03.ドラマチック
04.裸の太陽
05.ふがいないや
06.バースデイ
07.ヘイ!ユー!
08.あおぞら
09.You’ve got a friend
10.ユメミテイタイ
11.夏のヒーロー
12.歓びの種

YUKIのソロのイメージを定着させたアルバムだと思っています。
すべてがキャッチ-な曲なので、YUKIをハマらせるためにこのアルバムの紹介を外すことはできません。
ただこの時のYUKIは悲しい出来事があったりして、それを考えるととても泣きたくなるようなアルバムになります。

悲しい出来事は、YUKIの子供が亡くなっています。
理由は原因不明となりますが、そのことを思って長い夢やドラマチックを聴いたりすると本当にに、、2005年のライブ映像は本当にすごいです。

おすすめ曲(有名な代表曲は除きます)

ヘイ!ユー!、ユメミテイタイ、夏のヒーロー

YUKIの曲をもっと聞きたくなった人向けアルバム

うれしっくって抱き合うよ

【収録曲】
01.朝が来る
02.プレゼント
03.COSMIC BOX
04.ランデヴー
05.just life!all right!
06.チャイニーズガール
07.恋愛模様
08.さようなら、おかえり
09.うれしくって抱きあうよ
10.ミス・イエスタデイ
11.汽車に乗って
12.同じ手
13.夜が来る

YUKIの集大成のアルバムだと僕は思っています。
ポップなイメージから、このアルバムから少しずつ温かみのある曲が強調されるようになっています。
just life!all right!が本当に好きです。結婚したくなります。
多幸感という言葉が似あうアルバムです。

おすすめ曲(有名な代表曲は除きます)

COSMIC BOX、恋愛模様、うれしくって抱きあうよ、同じ手

「PRISMIC」

【収録曲】
01.眠り姫
02.the end of shite
03.66db
04.サヨナラダンス
05.惑星に乗れ
06.Rainbow st.
07.I U Mee Him
08.忘れる唄
09.愛に生きて
10.プリズム
11.ふるえて眠れ
12.呪い

YUKIのソロとしてのファーストアルバムです!
このアルバムを知らずにファンは語れません、この頃の模索しているアルバム楽曲も良いですよね。
そして超名曲であるプリズムが収録されています。

おすすめ曲(有名な代表曲は除きます)

愛に生きて、ふるえて眠れ、呪い

この他にももっとYUKIのアルバムがありますが
まずは紹介したアルバムを是非堪能していただけると嬉しいです。そしてYUKIの世界にどっぷりつかってください。
YUKIのライブは他のアーティストと少し違い多幸感が異常にあります。
一回号泣して友達をドン引かせたことがありますね

YUKIのアルバムランキング

僕個人のランキングとなるのであくまで参考程度に

好みの問題でみんな素晴らしいアルバムではありますが、あえてランキングにするとこんな形になります。

1位うれしくって抱きあうよ

2位joy

3位megaphonic

4位まばたき

5位Wave

6位PRISMIC

7位commune

8位FLY

まとめ

いかがでしたか?

YUKIのアルバム買いたくなりましたか?聴きたくなりましたか?
この記事を読んで少しでも興味をもっていただけたら嬉しいです。