お役立ち

プロの歌い方の特徴は?アマチュアとプロの歌い方の違いを紹介

プロの歌い方の特徴は?アマチュアとプロの歌い方の違いを紹介

プロとアマチュアの歌い方って何か違いはあるのでしょうか?
実際プロでもアマチュアよりうまくないという人もいますが、アマチュアとプロでは違う部分もあります。

それではプロの歌い方について解説をしていきます。

プロの歌い方・特徴について

プロということもあり、基本的(イレギュラーな)歌手以外は歌が上手いです。それでは歌が上手いとはどういうことを言うの記載をしていきます。

歌のうまさについて

リズムが正確にとらていて、めったにリズムが取れず、音程が正確であるという基本的なことをいいます。

活舌がいい

活舌の良さというのも大切です。意外と早口で歌わないといけないシーンってありますよね。テンポが速いとリズム感をとるのも難しく、ちゃんと歌詞の通りに歌えないことが多々あります。

早口になってもしっかり発音し聴き取りやすく歌うことができます。

歌のテクニックについて

次に歌手の多くが当たり前のように使っている歌のテクニックを紹介します。

ただしこのテクニックは、多様しすぎてもいけないものであるので、無理につかうものではありません。

ビブラート

ビブラートはカラオケでもよく使いますよね。ビブラートは音が揺れるところであり心の動揺や震えを、感情の表現をだすことに使用がされます。

ロングトーン(ストレートトーン)

ストレートトーンとも言われるロングトーンについては、そのままの意味で長い音と、真っすぐに音を伸ばすときに使用がされています。
使うシーンとしては

真っすぐな感情を表現したいときにつかいます。

こぶし

こぶしもカラオケでよく見るものですよね。こぶしは母音をつなげ、2回言います。言葉を貯めて伝え、強く感情を表現するときに使われます。

がなり声(エッジボイス)

がなり声も強調したいときに使う表現の方法で、声は太くエッジのきいた声をだすテクニックです。

ウィスパーボイス

ウィスパーを知っていますか?あまり聞きなれないかもしれませんが。囁くという意味です。秘密に表現したい。誰にも言えない隠したい気持ちを表現するときに使うテクニックです。

ファルセット(裏声)

ファルセットはボイトレをする人は、それなりに知っていると思いますが、いうなれば裏声です。ただ裏声にも多くの種類があるので、裏声をマスターしてみたい人は別の記事で紹介をさせていただきます。

歌が上手くないプロもいる

歌がうまい人がプロになれるというわけではありません。
確かにテクニックも必要ではあるのですが。プロの歌手は多くの人の心をゆさぶります。

歌のうまさと聞いている人の心をゆさぶることこそプロとなるのです。

そしてこの条件に合わせて、様々な運やマーケティングの力を駆使することで一握りのプロになる形となります。

人を魅了する歌の歌い方

天声である声質もあるでしょう
宇多田ヒカルのえふぶんのゆらぎや椎名林檎の声質などまねできるものではなく。YUKIのようなパワフルで優しさの溢れる声はだれにもマネできないです。

あなただけにだせる歌声を昇華させていきましょう。