アーティスト

ドライフラワー|歌詞の意味を考察!浮気の真相を女性目線で紡ぐ(優里)

ドライフラワー|歌詞

優里が歌うドライフラワーは2020年から大ヒットしましたね。
この曲は女性目線で歌われていて、実は男性目線で歌われたかくれんぼのアフターストーリーです。
また高木紗友希さんとの歌でも話題になってしまいましたね。、、

歌詞の意味を考察

それではドライフラワーの歌詞についてひとつひとつ考察をしていきます。

多分、私じゃなくていいね

多分、私じゃなくていいね
余裕のない二人だったし
気付けば喧嘩ばっかりしてさ
ごめんね

作詞:優里    作曲:優里

冒頭から、悲しい言葉から始まります。
ドライフラワーは女性目線の曲となるため、この女性はまだ彼のことが好きではあるけど、彼氏がもう気持ちがないというのを悟っているのではないでしょうか?

元から喧嘩も多いし、ごめんと謝ってさえいるほどなので
落ち込んでいるという彼女の心情が現れています。

ずっと話そうと思ってた

ずっと話そうと思ってた
きっと私たち合わないね
二人きりしかいない部屋でさ
貴方ばかり話していたよね

作詞:優里    作曲:優里

前から言おうと思っていたことを、淡々と不満ではないけれど
私たちは相性よくなかったんだよね
私はほとんどしゃべってなくて、あなたばかりしゃべっていたよね。
というどこか一方通行な、関係であったということを想いとして伝えています。

貴方が眠った後に泣くのは嫌

もしいつか何処かで会えたら
今日の事を笑ってくれるかな
理由もちゃんと話せないけれど
貴方が眠った後に泣くのは嫌

作詞:優里    作曲:優里

どこかでまたいつか会えるかもね
わざわざ会うということはもうないけれど
どこかで、会ったときに、今日のこの悲しい出来事は、笑い話になるのかな
私はいつもあなたが知らないところで泣いてたことも笑えるのかな
そんな彼への想いへの悲しさがでています。

ドライフラワーみたい

声も顔も不器用なとこも
全部全部 嫌いじゃないの
ドライフラワーみたい
君との日々もきっときっときっときっと
色褪せる

作詞:優里    作曲:優里


サビとなる部分で、彼女の想いが溢れています。
彼の声から顔も全部も嫌いじゃない
ドライフラワーは生きている花と違って保管はできるものです。
それを思い出と表現していますが、その思い出も少しずつ時間がたてば色あせていく。
このつらい想いも、きっと和らいでいくといった想いが綴られていますね

多分、君じゃなくてよかった

多分、君じゃなくてよかった
もう泣かされることもないし
「私ばかり」なんて言葉も
なくなった

あんなに悲しい別れでも
時間がたてば忘れてく
新しい人と並ぶ君は
ちゃんとうまくやれているのかな
もう顔も見たくないからさ
変に連絡してこないでほしい
都合がいいのは変わってないんだね
でも無視できずにまた少し返事

作詞:優里    作曲:優里

1番野歌詞とはことなり、私から君になっています。
私ばかりという不満も漏れています。
別れは悲しかったけど、そのうちこの悲しさも忘れられるだろう

そして彼はもう別の誰かともう一緒にやっているんだろうな。
と別れてから、たまに思っているときに
連絡なんかしてこないでほしい、都合のいい元彼に対し不満はあるけれども。それでも少しまだつながっていることが嬉しいのか返事をしてしまうという女性側の未練を感じるシーンです。

別れた女性にメールや連絡をするのって、僕的には例外もありますが2種類しかいないかなって思っているんですよね。
1種類目は
もう一度やり直したい

2種類目は
体目的(なんとなく寂しい)

例外としては
ただの連絡事項かキ○ガイ
だと思っています。頭おかしい人の回路はちょっとわかんないです。

友達として戻りたいという発想の人もいると思うのですが、一度そういう関係になってから友達に戻るってお互いしんどくないのかな?っておもってしまいます。

多分今も 嫌いじゃないの

声も顔も不器用なとこも
多分今も 嫌いじゃないの
ドライフラワーみたく
時間が経てば
きっときっときっときっと色褪せる

作詞:優里    作曲:優里

サビのシーンになりますが
「全部全部 嫌いじゃないの」が「多分今も 嫌いじゃないの」

と少し薄れている印象をもたせる歌詞となりました。
これが多分というのはまだ好きなのかきになっているのかはなんともいえないところですね

月灯りに魔物が揺れる

月灯りに魔物が揺れる
きっと私もどうかしてる
暗闇に色彩が浮かぶ
赤黄藍色が胸の奥
ずっと貴方の名前を呼ぶ
好きという気持ち
また香る

作詞:優里    作曲:優里

月灯りとなると一人の夜のときに、彼のことをまた思い出してしまう彼女のシーンです。押し込めていても、ふとわきでてしまいます。
やはりまだ好きなんだなぁ、、という彼女の気持ちが表現されています。

全部全部 大嫌いだよ

声も顔も不器用なとこも
全部全部 大嫌いだよ
まだ枯れない花を
君に添えてさ
ずっとずっとずっとずっと
抱えてよ

作詞:優里    作曲:優里

最後のラストのサビです。
今まで嫌いではない、好きだといっていた彼女ですが
ここで全部大嫌いと言い放ちますね
ただ、ドライフラワー(花)はまだ枯れていない
と表現がされていて、まだ好きである
この気持をずっと抱えていようと思っている彼女の心情が表されているように感じます。

歌詞

多分、私じゃなくていいね
余裕のない二人だったし
気付けば喧嘩ばっかりしてさ
ごめんね
ずっと話そうと思ってた
きっと私たち合わないね
二人きりしかいない部屋でさ
貴方ばかり話していたよね
もしいつか何処かで会えたら
今日の事を笑ってくれるかな
理由もちゃんと話せないけれど
貴方が眠った後に泣くのは嫌
声も顔も不器用なとこも
全部全部 嫌いじゃないの
ドライフラワーみたい
君との日々もきっときっときっときっと
色褪せる
多分、君じゃなくてよかった
もう泣かされることもないし
「私ばかり」なんて言葉も
なくなった
あんなに悲しい別れでも
時間がたてば忘れてく
新しい人と並ぶ君は
ちゃんとうまくやれているのかな
もう顔も見たくないからさ
変に連絡してこないでほしい
都合がいいのは変わってないんだね
でも無視できずにまた少し返事
声も顔も不器用なとこも
多分今も 嫌いじゃないの
ドライフラワーみたく
時間が経てば
きっときっときっときっと色褪せる
月灯りに魔物が揺れる
きっと私もどうかしてる
暗闇に色彩が浮かぶ
赤黄藍色が胸の奥
ずっと貴方の名前を呼ぶ
好きという気持ち
また香る
声も顔も不器用なとこも
全部全部 大嫌いだよ
まだ枯れない花を
君に添えてさ
ずっとずっとずっとずっと
抱えてよ

作詞:優里    作曲:優里

ドライフラワーについて

ドライフラワーはかくれんぼという曲のアフターストーリとなる曲です。
かくれんぼは失恋した男の曲で、ドライフラワーはその女性の歌です。
ではなぜ浮気というサジェストがでるのか不思議ですよね、、
それでは浮気の真相もみていきましょう

あとカラオケで歌を歌いたいという人向けに
ドライフラワーの音域についてはこちら

浮気の歌の真相

歌詞をみるだけだと、男側が浮気した可能性もあるな、といったくらいになるんですが高木紗友希さんとの熱愛スキャンダルが優里さん発覚しています。
2021年の2月5日頃の話しなので、発売後のスキャンダルですね
ただ高木紗友希さんのインスタの投稿で匂わせる投稿


その他にも優里のパーソナルカラーのオレンジを意識したり。食事などなどいろいろと投稿があったようです。
これのどこが浮気の歌といわれるのかというと

元カノによる怒りの告発


優里さんが3股をしていたということが文春砲により炸裂したのでした。。

要は、このドライフラワーを作曲した優里が浮気をしまくっていたことにより男性の浮気というイメージが強くなってしまったのです。

花言葉として

ドライフラワーは花言葉として永久花と海外では言われ、日本では花言葉として特に指定はありませんが、ドライフラワーと花言葉を合わせると、想いは永遠という表現がされるそうです。

ちなみに海外では


フランスの花言葉は、永久に・感謝・栄誉・終わりのない友情・終わりのない愛情・永遠・真実・永久の真実・生への愛。
イギリスでの花言葉は、永久に終わらない追憶。
ヨーロッパでは、【ドライフラワー(永久花)】を玄関に飾ったり、花束を墓にささげたりする風習があります。

ドライフラワーの花言葉

主題歌について

主題歌となっているテレビドラマはありません。

男性目線の歌(アフターストーリー)

ドライフラワーは女性目線の歌ですがアフターストーリーの男性目線の歌として「かくれんぼ」という曲があります。

かくれんぼ→ドライフラワー

の流れで聞くのがおすすめです!

ABOUT ME
かずさ
かずさ
ライブとフェス好きのガジェットライター。おすすめのイヤホン、サウンドバーなどガジェットの素晴らしさを多くの人に伝えていきます。 その他気になる曲の歌詞や音質、音域のことを調べたりしてます。 好きなアーティストはYUKI,椎名林檎、宇多田ヒカル、志村正彦、andymoriなどなど、、可愛い声のアーティストが大好物でやくしまるえつこさんの声が好きすぎています。最近はBishにハマってる。