アーティスト

恋人ごっこ|歌詞の意味を考察!別れの曲に共感する人が続出(マカロニえんぴつ)

恋人ごっこ|歌詞

マカロニえんぴつの名曲の一つ、恋人ごっこを今回は紹介をさせていただきます。この曲の歌詞に共感をするという人も多いのではないでしょうか?

恋人ごっこの歌詞の意味を考察

曲名のタイトルは「恋人ごっこ」ということは、まずこの歌は恋人ではなく恋人ではない男女の歌ということがわかり
はっとりが歌っていることから男性目線の歌に聴こえます。

私個人の考察としては、男女ともにお互いのことは好き合っていた
けれども女性側には別に彼氏がいる可能性を感じられました。
どこか後ろめたい関係の恋人ごっこのように感じ、こんなにも男側は相手のことを好きなのに気持ちを伝えなかったのは、伝えることでこの関係が壊れる可能性が高いということを示唆しているように感じます。

それでは歌詞をひとつひとつ見てきましょう。

ねえ、もう一度だけ

「ねえ、もう一度だけ」
を何回もやろう、
そういう運命をしよう
愛を伝えそびれた
でもたしかに恋をしていた
恋をしていた

恋人ごっこより


冒頭で
愛を伝えそびれた、たしかに恋をしていた
という歌詞があるということは。
恋人ではないけれど、好きだった相手のことを思って歌っていることがわかりますね。
また恋をしていた。という表現をしていることからそれはもう過去のことだということが推測できます。
このサビが頭から離れないという人も多いのではないでしょか

缶コーヒーで乾杯

缶コーヒーで乾杯
シーツは湿って どうにもならない二人だ
言う通りにするから、
恋人ごっこでいいから
今だけ笑っていてほしい
余計な荷物に気付くのは
歩き疲れた坂道だ
忘れていいのはいつからで
忘れたいのはいつまでだ?

恋人ごっこより

缶コーヒーで乾杯という表現がまだこの二人は若い二人なのかな?ってことが想像できるシーンですね。
恋人ごっこでいいからといっているのは、その女性は別に好きな相手がいるからなのか、ただお互いに踏み出せなかったことによるものなのか
そこは聞く人によって変わってくると思います。
私としては、二人ともお互いのことを好き合っているけど、男側が勇気をもてず伝えることがうまくできなかった
伝える前に別れてしまったのではないかと思います。

余計な荷物は、何のことをさしているのでしょう。
余計な荷物は、恋人ではないという事実なのか、相手の女性が別の誰かとも仲良くしている、等いろいろと恋人ごっこをしていることによるもやもやを感じることができます。
忘れていいのはいつからで、忘れたいのはいつまでだの部分も相手の女性がまだ別のだれかのことを好きな可能性があるということや
忘れたいというのは、すでに別れたあとで彼女との思い出はどれくらい忘れたいのかということにも感じます。

もしかしたら、彼女は誰かと付き合っていて主人公とは浮気の関係をしている二股されているキープされているなど、主人公の切ない感じが出ています。

たしかな恋をしていた

「ねえ、もう一度だけ」
を何回もやろう、そういう運命でいよう
愛を伝えそびれた
でもたしかな恋をしていた
恋をしていた

恋人ごっこより

冒頭の歌詞と同じかと思いきや、微妙に歌詞が異なります。
でもたしかに恋をしていた→でもたしかな恋をしていた

「たしかに」から、「たしかな」
と表現をするようになっています。

これは、確信度がさらに強くなった表現に聴こえますね。

隠し疲れた罪を運ぶため


無駄な話に頼るのだ
隠し疲れた罪を運ぶため
忘れていいのは君なのに
忘れたいのは僕だけか

恋人ごっこより


恋人同士ではない男女で体の関係がある二人って
私たちって、どういう関係なの?
この関係は続いてしまっていいもの?

確信をつくような話しになると、結構重い話しになってしまうんですよね(よくある実話だし、体験談でもあります)
だから、そんな話しをしないためにも、無駄な話しをたくさんして埋め尽くす、隠すという表現をしています。
ですが、その関係が長くなればなるほど、それは隠しきれるものではなくなります。
付き合っていない二人ですから、他に別の誰か、魅力的な人に付き合ってと言われてしまえば、それを断る理由もないのです。

忘れていいのは君なのに

意味になりますが
女性は忘れたほうがいい
と言っていますね。これは女性が別の男性のところへ行ったということなのではないでしょうか、ですがその女性はまだ男性の主人公のことを忘れてはいないというふうに受け取れます。

なんで僕は忘れたいのに、たまに連絡をよこすのか
僕だけが、がんばって忘れようとしているのではないか、そんなように感じます。
ただ忘れたいと言っていても、この男性はこの女性のことをなかなか忘れることはできないでしょう。未練が非常に残っているのが歌詞からも伝わってきます

もう無しにしよう?そういう運命を取ろう

「ねえ、もう一度だけ」
もう無しにしよう?そういう運命を取ろう
愛を伝え損ねた
またこんな恋をしてみたい

恋人ごっこより

何度もくっついたり、離れたりしている二人

もう一度だけ恋人のような関係になろうという繰り返しを、もう辞めようと伝えてしまったのは
前述の余計な荷物や歩き疲れなどのその蓄積ではないでしょうか
そしてどこか後ろめたい関係ということが伝わるため、女性には別の男性がいた可能性が感じられますね。

ただそれでも主人公はこの女性と一緒にいた時間をまた味わいたいし。愛を伝えることができなかったという未練を感じます。

あまりに脆い今日を抱き締めて手放す

裸や、撫で肩や、キスや乾かない髪
もう一度あなたと居られるのなら
きっともっともっとちゃんと
ちゃんと愛を伝える
もう二度とあなたを失くせないから
言葉を棄てる 少しずつ諦める
あまりに脆い今日を抱き締めて手放す
ただいま さよなら
たった今 さよなら

恋人ごっこより

最後のシーンとなる歌詞の部分になります。

まず最初の裸や、撫で肩という表現、キスということもが出るあたりで、確実に体の関係のあった男女ということがわかります
そして恋人同士にはならなかった、なれなかった二人です。
恋人にならなかった、なれなかった理由というのは前述の通りにいろいろ想像することはできますが

確かなことはこの主人公は、まだこの女性のことが好きでたまらないということ
この関係はあまりに脆い関係で、大切にしたかったけどこのままではいけないから別れを決めたということがわかります。

歌詞

「ねえ、もう一度だけ」
を何回もやろう、そういう運命をしよう
愛を伝えそびれた
でもたしかに恋をしていた
恋をしていた
缶コーヒーで乾杯
シーツは湿って どうにもならない二人だ
言う通りにするから、
恋人ごっこでいいから
今だけ笑っていてほしい
余計な荷物に気付くのは
歩き疲れた坂道だ
忘れていいのはいつからで
忘れたいのはいつまでだ?
「ねえ、もう一度だけ」
を何回もやろう、そういう運命でいよう
愛を伝えそびれた
でもたしかな恋をしていた
恋をしていた
無駄な話に頼るのだ
隠し疲れた罪を運ぶため
忘れていいのは君なのに
忘れたいのは僕だけか
「ねえ、もう一度だけ」
もう無しにしよう?そういう運命を取ろう
愛を伝え損ねた
またこんな恋をしてみたい
恋をしてみたい
裸や、撫で肩や、キスや乾かない髪
もう一度あなたと居られるのなら
きっともっともっとちゃんと
ちゃんと愛を伝える
もう二度とあなたを失くせないから
言葉を棄てる 少しずつ諦める
あまりに脆い今日を抱き締めて手放す
ただいま さよなら
たった今 さよなら

作詞:はっとり
作曲:はっとり

共感の声

恋人ごっこは共感の声が非常に多いです。
私もその一人です。経験談としては学生時代だったのですが
大学2年生の頃に約1年間ほど恋人ごっこをしていたような相手がいました。
その相手には別の相手がいて、最初の頃私はそれでフラれたんですが、元から仲が良かったこともあり、その後も遊んでたりしたら恋人ごっこのような関係になりました。不安定で確かなものが何もない関係は不安でいっぱいになります。。でもこの気持を伝えたらこの関係がもう終わってしまうかもしてない、、と共感がすごいです。

ただ歌詞と違う点としては、別れ方がめちゃくちゃひどかったという点くらいです。(あの頃は私も子供でしたね、、、)

恋で別れた人ならどこかの部分で共感できると思います。

そのとき一緒にいて、笑ってくれるだけで、幸せな気持ちになりますよね。
他の不安なことは全てその時は忘れられる。

マカロニえんぴつは共感する曲が多いですよね。
早く私もライブやフェスで聞きたいです

遠心も好きなので、また記事でも紹介します!

マカロニえんぴつについて

人気のロックバンドですね。2012年頃から活動していてもう中堅といった感じでしょうか
最近ではダイの大冒険のオープニングでもある「生きるをする」を提供しています。

マカロニえんぴつは、日本のロックバンドである。2012年に神奈川県・洗足学園音楽大学内で結成。所属事務所はmurffin discs。所属レコード会社はトイズファクトリー。略称 は「マカえん」。

ウィキペディアより

まとめ

今回はマカロニえんぴつの恋人ごっこを紹介させていただきました。
恋人ごっこをしているという方は是非聴いてみてくださいね

ABOUT ME
かずさ
かずさ
ライブとフェス好きのガジェットライター。おすすめのイヤホン、サウンドバーなどガジェットの素晴らしさを多くの人に伝えていきます。 その他気になる曲の歌詞や音質、音域のことを調べたりしてます。 好きなアーティストはYUKI,椎名林檎、宇多田ヒカル、志村正彦、andymoriなどなど、、可愛い声のアーティストが大好物でやくしまるえつこさんの声が好きすぎています。最近はBishにハマってる。