アーティスト

灰色と青の音域は?最高音と最低音について分析!BPMと歌い方は?[米津玄師]

この記事では、俳優である菅田将暉とコラボした曲であることから、米津玄師のファン以外からも高い支持を得ている人気曲『灰色と青』について解説していきます。
米津玄師の曲は難易度の高いものばかりですが、この曲もそうなんでしょうか。

灰色と青について

アルバム『BOOTLEG』のラストに収録されている曲で、俳優の菅田将暉とコラボしたことで話題となりました。
YouTubeの公式チャンネルでは総再生回数が1億回を超える人気曲です。

「灰色と青」(はいいろとあお)は日本のミュージシャン米津玄師による楽曲。米津の4枚目のオリジナル・アルバム「BOOTLEG」の先行リリースとして2017年10月11日より各種音楽配信サービスでリリースされ、その後11月1日にアルバムがリリースされた。楽曲は俳優の菅田将暉をゲストボーカルに迎えて制作され、彼のミュージシャンとしての1枚目のアルバム「PLAY」にも収録された。フィジカル、音楽配信の曲目では「灰色と青(+菅田将暉)」と表記されることが多い。

引用:ウィキペディア

米津玄師について

米津 玄師(よねづ けんし、Kenshi Yonezu、1991年3月10日 – )は、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサーである。徳島県出身。本名同じ。所属レーベルはソニー・ミュージックレーベルズ内のSME Records。

引用:ウィキペディア

米津玄師の最高音域と最低音域について詳しく知りたい人はこちらで紹介をしています。

灰色と青の音域は高い?低い?

音域はmid1B(B2)~hiA(A4)と男性の平均的な広さで、平均音程は低めです。
最高音だけやや高くなっています。

平均的な女性の音域と男性の平均的な音域は下記の記事で解説をしています。

女性の音域の平均について解説!どれくらいが普通なの?
男性の音域の平均について解説!どれくらいが普通なの?

音域について

まずは実際の音域の下図を参考にしてみてどれくらい高さになるかイメージしていただければと思います。

音域別の参考動画

下記動画が音域別に音が鳴るので参考にしてください。

最高音は?

hiA(A4)

何故かわけもないのに胸がいたくて にじむ顔

最低音は?

mid1C(C3)

今はなんだかひどくむしい

多く使う音域は?

mid1G#(G#3)

BPM(テンポ)について

BPM=162
BPM140~180の曲はノリノリで気分転換したい時におすすめ。ドライブやランニングの時に最適です。

似ている音域の曲

似ている音域と似ているBPMの曲は下記の通りになります。

R.I.P./BUMP OF CHICKEN
虹/菅田将暉
ここにしか咲かない花/コブクロ
3月9日/レミオロメン
今宵の月のように/エレファントカシマシ

歌い方について

この曲は元々がデュエット曲なので2人で歌うのがベストです。
例えば菅田将暉のパートを担当する場合はmid2G#が最高音になるためある程度高音を出す練習をする必要があります。

歌を上達させるためにはボイトレを独学で学ぶボイストレーニングスクールにいくのがおすすめです。
高音を出すためのファルセットの出し方、歪ませるシャウトの出し方、ロックな声を出すデスボイスの出し方
中高音域をうまくだせるようになるミックスボイスの出し方がなり声の出し方など数多くののボイステクニックがあり、サウンドワンではボイトレーニングのカテゴリでテクニックを数多く紹介をしています。

まとめ

以上、灰色と青についてご紹介しました。
話題性も人気も高い曲なのでぜひマスターしておきましょう。

ABOUT ME
アバター
ルカ
絶対音感もちの音楽講師をしているライターです。 いろんな楽曲の音域から歌い方について解説をしていきます。