アーティスト

宇多田ヒカルという天才がつくる名曲達を紹介

宇多田ヒカルという天才がつくる名曲達を紹介

簡単に天才と一言でいい表すには本人に対して非常に失礼なことであると思っているが、彼女以上に天才というものを言い表す表現がマッチする人物はなかなかいない。

私個人として特に好きな女性アーティストは3人いる。
一人目は今回の記事で紹介をする宇多田ヒカル
もう一人は宇多田ヒカルとの親交が深い椎名林檎そして3人目はYUKIだ
この2人の女性アーティストも間違いなく天才であることにまちがいはないのだが、それでも天才という言葉が最も似合うのは宇多田ヒカルだ。


イメージとしてクラスの中にこの3人がいるとする。
YUKIはクラスの中心人物で全員をひっぱていく強力なパワーをもった唯一無二のムードメーカー
椎名林檎はデビュー当時のイメージは置いておいて、現在のイメージなら気品あふれ、クラスの全員が憧れるお嬢様(昔は歌舞伎町系でしたが)
そして宇多田ヒカルは何もしていなくても、突出した才能だけでクラス全員の目を奪う天才。

こんなイメージだ。
今回はそんな宇多田ヒカルの名曲をファン歴10年以上の私が紹介していく。
YUKIと椎名林檎に関する記事はここで紹介をしています

丸の内サディスティック
丸の内サディスティックの歌詞の意味と解釈を徹底解説!【椎名林檎】 椎名林檎の代表曲の丸の内サディスティック、通称「丸サ」椎名林檎ファンならだれもが知っている曲ですが、意味を知っている人は少ないのではな...
YUKIの歌唱力
YUKI(JUDY AND MARY)の歌唱力の凄さを解説!歌い方から魅力について 皆さんYUKIの曲は好きですか?僕は本当にすきでJAM時代の方が好きって人も多く入るのですが、僕自身はソロ時代が大好きな人間です。 ...

天才、宇多田ヒカルの名曲について

多くの有名人の方が宇多田ヒカルについて語っているがまずその語りより宇多田ヒカルの曲から見ていこう。

宇多田ヒカル – 光

宇多田ヒカルといえば間違いなくこの曲を私は真っ先におすすめに紹介する。
語弊があるといけないので、他の曲も間違いなく名曲ではあるのだが一番に上げる理由として。
彼女がライブのときにこの曲は自分の名前をつけるほどに気に入っている曲であると語ったこと、そしてライブでも最後に歌うことが非常に多く彼女がとても大切にしている曲である。

キングダムハートのテーマ曲でもあり、キングダムハーツが好きな方は非常に印象に残っているきょくなのではないだろうか。

リミックス版も多く発売がされている。

宇多田ヒカル – Letters

この曲は恋愛の曲のように聴くこともできますが
宇多田ヒカルが母親に向けて作った名曲です。そう思うとこの曲のせつなさをさらに感じることができます。
母親の帰りをまっていたといのがよく伝わり
このメロディセンスと歌詞のセンスがずば抜けた一曲です。この曲も10代でつくったというのが驚きです。

宇多田ヒカル -桜流し

エヴァの曲として印象がある方も多いのかもしれませんが
この曲は宇多田ヒカルの母親、藤圭子が亡くなった後に作られた曲になる。
そうみるとこの曲も違った見方で聴くことができ彼女の生死感が非常に出ている一曲だ。

ちなみに母親への手紙として語られている曲は「花束を君に」になる。

宇多田ヒカル – SAKURAドロップス

この頃の宇多田ヒカルの曲は現在の母親になった暖かさとは異なる喪失と似たようなせつない曲

宇多田ヒカル – traveling

宇多田ヒカルはせつない曲だけではなく、テンションを上げる曲を作る才能もものすごいことを感じることができる1曲だ。

宇多田ヒカル 『あなた』

愛しているという言葉を使わないのに愛が非常にあふれた名曲です。

歌詞をよく見ると、「あい」でたくさん韻を踏んでて、隠れた「愛」で溢れています。

宇多田ヒカル 『初恋』

ゲスの極み川谷絵音が天才と語るほど絶賛する曲

宇多田ヒカルというアーティストは天才以外の何物でもない、そう再確認した1曲です。『初恋』は。作れませんよ、こんな曲。後半に向けてよりドラマティックになっていく弦の旋律も美しいし、あと、「風に吹かれ震える梢が/陽の射す方へと伸びていくわ/小さなことで喜び合えば/小さなことで傷つきもした」という歌詞の部分、すごくないですか? 初恋の感情をこんな美しい情景描写で表現できる人います? 天才が常に天才でいてくれるから、僕らも頑張ろうと思えます。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO34822370R30C18A8000000/

宇多田ヒカルの名曲ランキング

1位:光

2位:Letters

3位:traveling

4位:Beautiful World

5位:FINAL DISTANCE

6位:道

7位:Goodbye Happiness

8位:虹色バス

9位:First Love

10位日曜の朝

あくまで私個人のランキングとなるので、参考程度にしていただければと思う。

宇多田ヒカルの最新曲、One Last Kissについてはコチラの記事で紹介をしているので時間のある方はこちらから

One Last Kissの歌詞の意味
One Last Kissの歌詞の意味と「私だけのモナリザ」解釈を徹底解説|宇多田ヒカル宇多田ヒカルのone last kiss(ワンラストキス)の歌詞の解釈について解説!「初めてのルーブルはなんてことはなかった」の意味とは?シンエヴァンゲリオンと宇多田ヒカルの名曲を徹底紹介...
ABOUT ME
かずさ
かずさ
ライブとフェス好きのガジェットライター。おすすめのイヤホン、サウンドバーなどガジェットの素晴らしさを多くの人に伝えていきます。 その他気になる曲の歌詞や音質、音域のことを調べたりしてます。 好きなアーティストはYUKI,椎名林檎、宇多田ヒカル、志村正彦、andymoriなどなど、、可愛い声のアーティストが大好物でやくしまるえつこさんの声が好きすぎています。最近はBishにハマってる。