アーティスト

pretenderの音域は?最高音から再低音について紹介【Official髭男dism】

pretenderの音域は?最高音から再低音について紹介【Official髭男dism】

2019年に大ヒットしたひげだん、Official髭男dismのpretenderの音域について紹介をします。高音の歌のためかなり難しいと思う人もいると思いますが今回はその歌の最高音から再低音、歌いやすい歌い方まで紹介をしていきます。

Pretenderとは

Official髭男dismの代表曲となり2019年4月17日に発売された楽曲です。
シングルとしては2枚目となります。
タイトルのPretenderは英語ですが日本語にするとふりをするという意味になります。○○なふりをするという恋心的な歌詞が印象的な男性視点の歌詞です。

タイアップについて

タイアップではコンフィデンスマンJP-ロマンス編-の主題歌として抜擢もされました。コンフィデンスマンJP-プリンセス編-でも主題歌をうたっているので気になる人は是非チェックをしてください。

Pretenderの音域は?

Pretenderの音域を紹介します。

音域は男性音域と比較すると非常に高く、普通に歌うのはかなり難しい曲となります。無理してうたうという選択もありますが。無理せず音域を下げて歌うと歌いやすさがあります。スピッツより難しいといえばイメージがつきやすいでしょうか?それでは音域の高さについて解説をしていきます。

最高音は?

最高音については地声と裏声二つにわけて解説します。

裏声の最高音は?

裏声の場合はhiC#(C#5)となりBメロの部分で最高音に到達する形になります。

地声の場合の最高音

地声の場合の最高音はhiC(C5)となり、サブとラストサビが最も地声では高い最高音になります。

最低音は?

mid1D#(D#3)です。この部分はAメロの部分となり比較的歌いやすい部分です。

テンポ(BPM)について

テンポは早すぎず遅すぎずといった形のテンポになり
BPM92と比較的標準的な速さとなります。

Pretenderをうまく歌うために

Pretenderをうまく歌うためには曲の構成と歌詞、曲全体をしっかりと覚える必要があります。

曲の構成について

曲の構成としてはAメロからBメロ、そしてサビといった流れとなり最後にラストのサビがあります。

歌い方について

Aメロの歌い方


Aメロの部分の歌い方として、高音はmid2G#、低音は地声最低音mid1D#となります。音程は変化が激しいため若干歌うのが難しいというのが特徴です。
高音部分もありますが、地声で歌えそうな人はそのまま歌ってしまってください。Aメロとなるのでしっかりと声を出す必要があり。曲全体の変化についていけるように曲はしっかりとききこみましょう。

Bメロの歌い方

Bメロでは裏声最高音hiC#の部分があるのが特徴としてあります。裏声部分は音程を変える必要があるため難しい部分です。もっとも崩れやすい部分になるので注意が必要です。

サビの歌い方について

サビの部分は地声最高音のhiCがあり、その他のキーも非常に高いです。高い声を出す人が苦手な人は苦労をすると思います。高音が出せるという人でもミスをする部分となります。声が裏返りやすくなるので、その部分も練習をしましょう、力を込めてうたってしまうと苦しそうに聴こえてくるのもつらいところです。
理想としては力をいれずリラックスした状態で歌いたい
そうしないとかっこよく歌うのは難しいです。

まとめ

いかがでしたか?この曲は好きな人が非常に多いので(特に女性)男性側としてはしっかりとマスターして歌いたい曲でありますが難易度は高いのでボイストレーニング等を行わないと難しいかもしれません。

自分の現在の音域と相談して上手くうたいあげてしまいましょう!