アーティスト

シャルルの音域は?須田景凪【バルーン】のセルフカバーは難しい?最高音から最低音について分析

シャルルの音域

今回はシャルルの音域のついて解説をしていきます。

シャルルについて

シャルルはボカロのバルーンが2016年ごろにリリースした人気楽曲となり、現在もセルフカバーが多く非常に人気の楽曲となっています。セルフカバーで有名なのはflowerですね。

そのためカラオケでも多く歌われる人気曲です。

シャルルの音域は?

シャルルの音域は、通常の男性がだす音域よりもやや高い音域となり

地声最低音はmid1C#(C#3)
地声の最高音はhiA#(A#4)
裏声だとhiC#(C#5)と非常に高い音域までサビではださないといけないので、多少の練習をする必要があります。

最高音は?

最高音は、サビの部分で印象的となる。
愛を謳っ「て」謳っ「て」のての部分となります。

原曲だとhihiA(A5)となり、セルフカバーの場合は原曲から3つあげることで同じきーになるので、セルフカバーの方が高いのです。

再低音は?

歌詞の部分として
それでいつ「か」のかの部分です。
mid2A#(A#3)

テンポ(BPM)は?

テンポ(BPM)としては145となります。

カラオケでうまく歌うためには?

サビが非常に高音になるため、ある程度の練習をする必要があるのでまずは、安定的に歌う必要があるため、mid2G,mid2Fのキーをちゃんと歌えるようにすることが優先されます。このキーなら通常の男性の音域となりますので無理なく練習をする必要があります。

サビの部分では裏声をうまく活用しないといけないことからミックスボイスやハイトーンをうまく活用できるため、うまく歌えないという人はこれらのテクニックの練習をして歌うことでうたいやすくなります。