アーティスト

平沢進の歌い方は?パプリカで有名!海外の反応は?

平沢進の歌い方は?パプリカで有名!海外の反応は?

今回は平沢進さんの歌い方について解説していきます。

平沢進について

平沢進は1973年のロックバンドMANDRAKEのボーカル、ギターを担当していました。その後ソロ活動も行っていて、有名な音楽制作として、妄想代理人やパプリカの楽曲等を手掛けている人物です。ちなみに1999年以降はインディーズレーベルで活動をおこなっています。

平沢進の歌唱法、歌い方について

平沢進の歌唱方法は発声レベルが非常に高く、活舌良く発声する必要があります。平沢自身として歌い方はファルセットといっていて、裏声で歌っているといっています。仕事はタブーのように裏声と地声を使いこなすヨーデルのような使い方

海外の反応について

名曲パレードについて

特にパプリカの楽曲の反応が非常に良く、何度聞いてもあきないという声から天才的な声など多くの支持をえています。

このようなオリエンタルなテイストの曲でできるアーティストは世界的にも評価がされやすいですね。

ABOUT ME
かずさ
かずさ
ライブとフェス好きのガジェットライター。おすすめのイヤホン、サウンドバーなどガジェットの素晴らしさを多くの人に伝えていきます。 その他気になる曲の歌詞や音質、音域のことを調べたりしてます。 好きなアーティストはYUKI,椎名林檎、宇多田ヒカル、志村正彦、andymoriなどなど、、可愛い声のアーティストが大好物でやくしまるえつこさんの声が好きすぎています。最近はBishにハマってる。